つかまえて♪ころぴょんアンパンマン

電気回路の中の振動センサーが故障、
交換して治りました。

コロコロ、ピョンピョン、
元気に走り回ります。

アンパンマンの
クリスマスツリーです。
根元に入っている電球が
グラスファイバーを通して、
ツリーをキラキラ光らせます。

特殊な電球が切れ、
内部の配線も壊れていました。

治った様子を、
マウスを近付けて見て下さい。

画像が出揃うまで、しばらくお待ち下さい。

奈良 健やか交流塾 おもちゃ病院

40年前の
「わんぱくスージー」
スイッチを交換しました

折れていた腕などを
つなぎ直しました
磁力でクルクル回ります

キーボードのマイクが
無くなってしまいました。
手持ちのマイク・エレメントと
銅線で復元してみました。

箱根みやげのロープウエイです。

ピッチングマシーンです。

王選手と田淵選手がホームラン王を争っていた
40年昔、1970年代半ばのものでしょうか?

モーターが弱り、歯車が割れたりすり減っていました。
部品を交換し、すり減った所を避けて使うように手直ししました。

トイストーリーのウッディーです。
背中のひもを引くと話しますが、
スイッチが壊れていました。
そのままでは直らないので、
替わりに押しボタンスイッチを付けました。

木のおもちゃです。

赤いボールが、シーソーの階段を
転がり落ちて行きます。


木材が乾燥し、接着剤が老化したため、
ばらばらに壊れていました。

動きを推測して組み立てて接着、
調整しました。

**マウスを、ボールに
    近付けてみて下さい。

クレーンを作り,
荷台を押さえました。
クレーンを横に回すと
荷台が上ります。
こんな感じ なおりました

どちらも写真にマウスを近付けて下さい。

お母さんが昔遊んだ木製の機関車。

またがって、黄色いレバーを引くと、
汽笛が鳴ったのですが、
お子さんのために出してみると……。


気笛に空気を送るフイゴが、
           壊れて鳴りません。

写真の赤い部分は、
百均で入手した「ピコピコハンマー」で、

汽笛につないで、
懐かしい音がよみがえりました。

緑色のバチが折れて取れてしまいました。

棒の中心に穴をあけ、ピアノ線を通して
接着しました。

ひもを引くと、クマさんが
タイコを「ポコポコ」とたたいて走ります。
ポコポコベアの名前の通りです。

ビニール製の新幹線
空気を入れて水に浮かべます。

つなぎ目が破れて
空気が漏れてしまいます。

物干し竿のビニールカバーを
熱で変形させて形を合わせ
接着剤で貼りました。

ショベルカーです。
油圧ピストンの動きを調節する部品が壊れて、
どうしてもショベルが下がってしまいます。

針金でバネの部品を作って、取り付けました。
高い位置でも、ピタリと 止まります。

高さ3㌢ほど、小さいけれど凛々しい白バイ
前輪のタイヤが傷んで、切れかけていました。
水道の蛇口などに使う
「Oリング(オーリング)」で
大きさの合うものがあったので、
付け替えました。

40年近く昔のもの。
今日でも、メロディポッという名前で
活躍しているものの原型でしょう。

車輪のゴムがなくなって走れませんでした。
卓球のラケット用のラバーを貼ってみました。
しっかり走ってくれます。

ドライヤーのように空気を吹き出して、
シャボン玉を作ります。

小さなスイッチがこわれていたので、
交換しました。
電池ケースのフタもこわれていたので、
針金で補強しました。

新しいものですが、
クレーンの回転台の下で、
配線が2ヶ所切れていました。

回転させる時に、
無理な力がかかったようです。
つなぎ直して回復しました。
に
最近の修理例

ふしぎな木のおもちゃです。
空を飛ぶ舟でしょうか?
パイロットも乗っています。

入院した時は、バラバラでしたが、
羽を修復し、観察している内に
ゴムひもを使っている事が分かり、
復元出来ました。

下のボールを引っ張ると、
ゴムの動力で、羽が回ります。

左 ホイールローダーはバケットがこわれてなくなっていました。
  大きさ・色がちょっと違いますが手持ちの物を取り付けました。

          右 オート三輪車は、前輪が無くなっていました。
             ミニカーの車輪を
加工して、取り付けました。 

表紙へ  戻る
お問合せは   こちらから

鍵盤のスイッチが汚れていたので
  きれいに磨きました

スピーカーの線が切れていたので
つなぎ直しました

卵型の宝石箱、
中のオルゴールを回す部品が壊れていて、
部品を交換して治りました。


蓋を開けると、「カノン」のメロディーが流れます。

卵にマウスを合せて下さい。
(中の小鳥は演出です)

35年ぐらい前の
レコードプレーヤーの形の
オルゴールです。

切れていたゼンマイを
修理しました。

円盤を交換すると

色々な曲を演奏します。

手にのせるとピヨピヨ鳴く
かわいいヒヨコです。

手に触れる電気の接点が
錆びていたので、
きれいに磨きました。

ロッキングチェアに座るトナカイ

クリスマスソングに合わせて
イスを揺らします。

体を動かすための部品が
割れて外れていました。
ステンレス線で補強し
接着しました。

トナカイにマウスを合せて下さい。

アンパンマンに
マウスを近付けてみて下さい。

細いステンレス線を縫い込んで、
歯のように作ってみました。
スムーズに走るようになりました。

バネの力で走る
アンパンマンの汽車です。

内部の歯車の歯が一つ欠けて
走り方が不安定でした。

パチン錠

粉雪が舞う中、
トナカイに牽かれたサンタのソリが
クルクル走り回ります。

クリスマス・メロディーが流れ、
樅ノ木の枝には、
イルミネーションが輝きます。

電源スイッチが壊れかけていたので、
配線を変更しました。

マウスを、雪景色に近付けてみて
下さい

クマのぬいぐるみが
木馬に乗っています。

スイッチを入れると
木馬を揺らしながら
動き回ります。

左腕のスイッチボタンが
無くなっていたのを
治しました。

マウスをクマさんに
近付けてみて下さい。

自動車にマウスを
近付けてみて下さい。

実は貯金箱です。
電車の上にコインを載せて出発させると
トンネルを抜ける途中で、
お金が下に落ちて貯まる仕掛けです。

モーターの歯車が外れかけていたので、
新しいものに交換しました。

「小枝ちゃんの木のおうち」です。

きのこスイッチを押すと
木がニョキニョキ伸びて、
屋根が開くのですが、動きませんでした。

中に小さな石がはさまっていました。
入れたのは誰でしょう?

石を取り除いて直りました。


  マウスを、
  「木のおうち」に近付けてみて下さい。

チェンジショベルと言う名前で、
腕の先のパーツを付け替えて、
色々な作業が出来ます。

リモコンのレバー(オレンジ色)が
2本とも根元から折れていました。
接着した後に、ステンレス線で縫って
補強しました。

**マウスを、モノレールに近付けてみて下さい。

アンパンマンのパソコンです。

電源スイッチ系統の故障で、
結局、新しく電源スイッチを付けました。

<ドラえもん パーティーゲームマスター11>
   という長い名前です。

スイッチ周りをきれいに磨いて回復しました。

古典的なゲーム機で、ドミノ、じゃんけんなど
11種類の遊びが出来ます。

保険会社のマスコット
アヒルのぬいぐるみです。
お腹の所を押すと歌います

電池の交換を想定していない
構造でした。

お尻の所から切り開いて、
電池を交換し、
今後も交換しやすいように
ゆる目に縫っておきました。

メロンパンナちゃんだけ
ボタンを動かしても
起きなくなってしまいました。

内部の部品が磨り減っていたので、
金具を足して、動くようにしました。



オルゴールが壊れていたので、
交換しました。
「小さな世界」の曲に合わせて
顔を動かします。

はしご車

         
回転台が外れていました。
         針金で心棒を作って差込み
         回るようにしました。

アンパンマンブザー

三輪車のハンドルに
付いています。
電池ボックスが
液漏れで錆びていたので
磨き直しました。

水車小屋の形のオルゴールです。

水車の軸がゆるんで空回りして、
ネジをを巻けなくなっていました。
締め直して接着しました。

五木の子守歌のメロディーと共に、
中央に見える臼(黄円印)に、
キネが振り下ろされます。



背景の後ろで回転する磁石が、ゴンドラを吊り上げて運びます。
スロープに降ろされたゴンドラは斜路を下ってまた空中に浮かびます。
明かりが点滅し、音楽も賑やかです。

磁石の回転を治しました。

サンタクロースと奥さんです。
二人で掛け合いで歌いながら、ダンスする筈が、
サンタが歌わず動かなくなっていました。


サンタの電池金具が錆びた結果、モーターが
回らなくなり、更にモーターの油が固まって
動かなくなっていました。


金具を磨き、モーターに注油して慣らし運転。
上手に歌うようになりました。

トイストーリーの人気者
     バズ・ライトイヤーです。

右肩の中の歯車が緩んでいたのを、
修正しました。

右腕を上に挙げると、
「僕はバズ・ライトイヤー」と云いながら、
翼を出すようになりました。


      バズにマウスを合せてみて下さい。

かわいい木製のパズルです。

例えば「T」の木型を、正しい位置にはめ込むと、
「T=tomatoes」と、声で教えてくれます。

電池ケースの金具が錆びて無くなっていたので、
新しい金具を付けました。

高さ5センチ程、ドールハウスのイスです。
どちらも前脚の先が折れていました。

壊れていないイスから型取りし、
折れないよう鉄芯を入れて樹脂で成型、
最後に着色しました。

映画「トイストーリー」に登場する犬 スリンキーです。
胴体が傷んでいたので、銅線でコイルを作って、復元しました。

スリンキーにマウスを合せてみて下さい。

マジックマンという名前。

転がるボールの上で、
絶妙のバランス。

つま先が外れていたのを、
はめ直しました

お風呂に浮かべて遊べるオルゴール。

メカが油切れで固まっていました。

緑のつまみを回すと、
キラキラ星と一緒にクルクル回ります。

ネコとネズミの貯金箱です。

コインを運ぶネズミを、
ネコがつかまえようとします。
ネズミは無事に通れるでしょうか?

モーターの内部が汚れて
力が弱って動きませんでした。

掃除して、ネズミもサッと
      動けるようになりました

アメリカの発明家ホバーマンの考案した
  多面体のおもちゃ。
     スフィアー(球体)という名前です。

一寸引っ張ると、パッと大きくなります


   マウスを近付けてみて下さい。

つなぎ目が外れていたので、
         ステンレス線で、留めました。

木製のクワガタムシです
右後ろ脚の木釘が無くなっていました。

割り箸を削って木釘を作り、差し込みました。
手で押すと、クワガタをカタカタさせながら
走ります。

古典的な 大きな回転木馬です。

電源アダプターが失われていて
電圧・容量などの確認に手間がかかり
特殊な機種だったため、
インターネットで取り寄せました。

全体に手入れをして、
音楽に合せて、優雅に回ります。


マウスを木馬に近付けてみて下さい。

映画『ハ゛ックトゥーザフューチャー』に
出てくるような機関車
クルクル走り回り、車輪を挙げて
空を飛ぶように旋回します

マウスを機関車に近付けてみて下さい

電池ケースが錆びていたのを
きれいに磨いて動きました

だいぶ高齢のロボットです。

内部全体が錆びていたので、油を差しました。
胸の所の歯車の芯棒が折れていたので、
針金を芯に通して接着しました。

すり減った所があるため、完全ではありませんが、
両手のドリルを回しながら歩きます。

アンパンマンの運転するダンプカーです。
バラバラになっていたのを修復しました。

アンパンマンは、顔を左右に向けて
目配りを怠りません。
走ると荷台が上下します。

トイストーリーに登場する
スペースクレーンです。

クレーンを吊る糸が絡んでいました

スマホ感覚でリモコンできるパトカー。

コントローラーの電極をきれいにしました。

バズライトイヤーの宇宙船。

引き金を引くと
円盤が発射されます。

内部でメカが詰まっていました。
分解してなおりました。

   
(写真はイメージです)

「うたのえほん ララバイベイビー」です。
内部の配線10本の内8本が切れていました。
1本1本つなぎ直しました。

各ページのボタンを押すと、
やさしく歌ってくれます。

右下のファンが空気を送り込み
カラーボールを次々と噴き上げます。
モーターの油が固まって動きませんでした
新しい油を付けて、慣らし運転をして、
復旧しました。


「ビジー・ボール・ポッパー」という
名前の通り忙しいオモチャです。

思い出の、大きなキューピーです。
首が外れていました。

ドクターが3人がかりで、
首の周りをドライヤーで温め、
柔らかくしてはめ込みました

(待っている間になおりました)

マイクをアンパンマンの口に近付けると
音楽が始まり、一緒に歌う事が出来ます。

「いっしょにうたおうアンパンマン」です。

マイクの先に入っている
特殊なスイッチが壊れていたので、
新しいものに交換して、
歌えるようになりました。

トイストーリーのレックスです。

体を揺らすと、おしゃべりするのですが
部品が割れて外れ、
おなかの中でゴロゴロしていました。

何とか取り出して、接着し直して、
話すようになりました。

アンパンマンの掃除機です。

本体と手元をつなぐホースが
切れてしまいました。

エアコンの排水用ドレンホースが
太さも長さもピッタリ合いました。

マウスを「こまち」に近付けてみて下さい

秋田新幹線 「スーパーこまち」です。

東北新幹線「はやぶさ」と
連結器が出てつながるのですが、
部品がこわれて、連結器が出ませんでした。

部品をプラスチックで作って、
つながるようになりました。

マウスをあてて見て下さ

おもちゃを入れる
ダンプカーに
乗ってしまい、
車軸が折れました。

副木を当てて
接着した上で、
ステンレス線で
締めました。

ウサギがオルゴールに
乗っています

音楽に合わせて
ウサギが伸び上がると
帽子の下から
ケーキがあらわれます。

 
ウサギにマウスを
  近付けて見て下さい

プラレールの踏切です

レールとのつなぎ目が
割れてなくなりました。

小さな木片を削って
はめ込んで接着、
彩色しました。

お問合せは   こちらから

プラレールの
転轍・信号機です。

電球が球切れし、
明かりを動かす仕組みが
外れていました。

電球を取り換え、
組み立て直しました。

信号灯に
マウスを近付けてみて下さい。

またまた、本物そっくり
電動ドリルです。
バッテリーパックと本体の
つなぎ目がこわれました。

箱の蓋の開閉に使われる
「パチン錠」2個で
しっかり接続させました。

電気ドリルです。

特殊なスイッチを使った配線が
ズタズタにちぎれていました。

配線をし直して、
きちんと逆回転もできるようになりました。

スヌーピーのぬいぐるみ
拍手などを感じて、
音楽に合わせて踊ります。

モーターと歯車が傷んでいました。
ちぎれていた尻尾も復元して
動くようになりました。

ミニチュア家具です。

引き出しが一つなくなり、
扉が外れたり
取っ手が抜けていました。

木・竹の細片を使って
修復しました。

シンプルで彩りのきれいな
スゥエーデンの
バイキングトイズ社のミニカー
全部で19台です。

つないで遊ぶのですが、
連結器が
ほとんど壊れていました。

木片やアルミ板、ビスナットなどで
連結器を復元しました。

ビスの先は、
指など傷めないように
熱収縮チューブでカバーしました。

高さ60㌢。 大きな
アンパンマンのドラムセットです。

何か所か電線が切れ
マイクのホルダーも欠けていましたが、
すべてなおりました。

写真では見えませんが、
裏側にペダルもあって、
アンパンマンが手でタイコをたたきます。

クルクルアイランドです。
エレベーターで頂上まで登った汽車が、
クルクル回りながら降りて行きます。

エレベーター内部の芯棒が
2本とも無くなっていたので補いました。
頂上の遮断機も無くなっていたので
「こんな感じかな?」と作りました。

自動車を運ぶカーキャリアです。
テールゲートが外れ、横のピストンも一つ失われていました。
ゲートの軸を作り付け、ピストンは木の丸棒で作り、
ほぼ元通りの姿に復元できました。

マイクの部分を熱収縮チューブ(黒色)で保護し
イヤフォン用のパッド(赤色)で
可愛らしく飾りました。

高さ5センチほどのシンプルな人形です。

腕と脚はヒモで出来ていましたが、
弱ったり、切れたりしていました。

手芸用のワックス・コードで
復元しました。

クマのぬいぐるみです。

胸のハートを光らせながら、
♡!!」と言うので、
返事をすると、
言葉を繰り返しながら、
飛び跳ねます。

   マウスを、クマに
     近付けてみて下さい。


スピーカーの断線と、
内蔵スイッチの接点を
修理しました。

超大きなダンプカーです。
8本の電線が通っている
リモコンのケーブルが、
何本も、何カ所も切れていました。

8芯のケーブルを探した末、
思い当たったのが
パソコン用のLANケーブル。
つなぎ直して、無事に回復しましたが、
LANケーブルはちょっと硬いため、
長持ちしてくれるか、気がかりです。

心安らぐドラえもんの提灯です。

スイッチの不具合を直しました

時計がチクタク、リンリンと鳴りながら
レールを走ります。
レールの並べ方を変える事で、
ゲームとして遊べます。
「チクタクバンバン」という名前からすると、
50年近く前のものかも知れません。

お孫さんのために出してみたら動きませんでした。
モーターの油が固まっていたためでした。

      マウスを、時計に、近付けてみて下さい。

水鉄砲2挺です。兄弟で遊んだのでしょうか?
夏が来て、久しぶりに遊ぼうとした所、
水が出ませんでした。
長く使わなかったため、水の通るチューブを
引き金が押しつぶしていました。
小さな金具で、チューブが開くように圧迫して
2挺とも回復しました。
夏に間に合いました。

ポポちゃん。
右手の人差し指が
傷んでいました。

熱で形成できる樹脂で
復元しました。

元通りという訳には行かないので
ケガをして包帯を巻いている事に
させてもらいました。

キーボードです。
鍵盤が2個壊れてなくなっていました。
ベニヤ板を削って作り、白フィルムを貼って、
取り付けました。

モノレールです。 モーターとタイヤを直しました。
レールがなく、動かすことが出来ないので、作ってみました。
台の上に置いても、両端のひもを張り渡しても、遊べます。
2本の橋脚の間を、行ったり来たりします。

陶器の人形が
体を揺らしながら演奏します。

演奏はオルゴールやICではなく、
録音テープでした。

体を動かすゴムベルトが
切れていたので、
ベルトを交換しましたました。

電池ケースも傷んでいたので、
スプリングを交換しました。

懐かしいブリキ製のSLです。

モーターが壊れていました。
分解できないタイプのため、
新しいものに交換しました。
据付にちょっと手こずりました。

ライトを点けて驀進します。

オルゴールの音と共に、
雪山の中腹と麓を列車が走ります。
村の家の窓に灯りも点きます。

内部の滑車のベルトが失われていたので
手作りで復元しました。

クラシックなプラレール電車
                 
**電車にマウスを合わせて下さい
ブリキ製の歯車ケース、
左端のベルをチンチン鳴らして走ります。

車輪が劣化していたので、
手作りで復元しました。

パトカーの昇降するライト。
Ⅹ形の脚がこわれていました。
接着した上に、ステンレス線で補強しました。

クレーンは
後ろ向きにも
できます。

部品がこわれてなくなり、
ダンプの荷台が
上ったままでした。

アンパンマンのハンドル

左端の黄色いレバーで、前進・後退音を切り替えますが、
内部で先端が壊れて、バックの信号音が止まりません。
太目の針金で壊れた所を補って、スイッチを操作し、
前進の音と切り替わるようになりました。

赤ちゃんに引き千切られ、
銃も折れていました。
全体を復旧し、銃口の赤い光は
LEDに換えました。
腰を振りながらはって前進し射撃します。
名前は「ほふく前進ソルジャー」

カエルのキーホルダー

口を開けると
赤いランプが光ります。
LEDがこわれていて、
交換しました。

40年ほど前の
アメリカ製の
ロボットです。
電池ケースが
傷んでいたので
修理しました。

マグネットや
人間の動きに
反応します。

懐かしいブリキ製。
内部メカを掃除し、
油を差して回復。
歩きながら360度回転、
大きな音と光と共に
機関銃を撃ちます。

「トミカ峠
   山道ドライブ」
 歯車4個の内3個が
 割れていました。
 交換・補修して回復

アンパンマンのショベルカー
リモコンで前進・後退をします

「高速道路
   にぎやかドライブ」
 潤滑油が切れて
 回らなくなっていました

素朴な木のおもちゃ。
アヒル(?)が坂道をコトコト歩いて下ります。
シンプルなだけに、
足の取り付け角度が微妙でした。

コロコロシロフォン」
シロフォンの管が1本行方不明。
古いモップの柄を切って補充しました。

電池が壊れていました。応急に乾電池で
動くようにしましたが、正規の充電池が
割合安く入手できるので、お奨めしました。

歯車周辺の
ネジが失われ
歯車がうまく
回りませんでした
ネジを補充して
治りました

電池受けの金具を交換し
接点をきれいにしました
楽しく演奏してくれます

奥-壊れてなくなっていたギアを補充
中-ほこりで固まっていたギアをきれいに
手前-連結器を補充してネジで留めました

「ミスター・ベースボール」
1970年代のオモチャ。
モーター内部の汚れを
きれいにして回復しました

アンパンマンのキーボード
電池ボックスを磨きました

これまでで最大のおもちゃです

「となりのトトロ」のオルゴールです。

内部のメカが相当傷んでいたため、メカを入れ替えました。
外れていた台座を直し、
無くなっていた傘の柄を銅線で作ってみました。

トトロのメロディーとともに、クルクル回ります。

マウスをトトロに近付けてみて下さい。

歌って踊るサンタ。

電池ケースのフタ割れ
スプリングのサビ、
内部の歯車割れ、
手のロウソクの電球切れ、
脱げてしまう靴 などなど
いろいろありましたが、
100%なおりました。